~遊び心に華を抱き歩む~

 杉山 美紀 Profile

    その場で咲く。

   そこから新たな種をまき

   未来を創る。




第一章:虚弱な身体と心

~運動オンチといじめ~

幼少の頃は、身体が弱く入院生活を数度となく繰り返しました。

久しぶりに幼稚園に登園したら

「美紀ちゃん、お部屋が変わったのよ。」と、階段を上り

前とは違う部屋へと案内されました。

その時、初めて進級を知りました。

 

そのような幼少の頃でしたので、

その後も、運動が苦手で徒競争はいつもビリ。

中学時代は、運動オンチを略して「うんち」と呼ばれるほどでした。

 

第二章:社交ダンスとの出会い 

~姿勢を正し、挑戦する気持ちが芽生える~

そんな私の
社交ダンスとの出会いは、20歳のころです。


脊ちゅう側湾症からの姿勢の悪さを苦にしていたところ

周りからの勧めがあり始めました。


2年ほど教室でレッスンを受けたり、

ホールなどで楽しんでいました。

ダンスに出会えたお陰さまで

初めて、身体を動かすことで得られる楽しさや

私でも出来るんだ!という自信も生まれました。

気を良くして、

その頃流行り出していたエアロビも初めてみましたが

二人で踊るという、Communicationで

成り立つ社交ダンスの方が

私には合っていたようで、

 

自然と社交ダンスの方に

エネルギーをそそぐようになりました。

そうこうしているうちに

ダンス教室の先生からプロ競技に出場しないか?と勧められ、

 

それより、昼は会社員、夜はダンスの練習という

二足のわらじ生活に入りました。

 


当時の主な競技成績は​​​​​

全道クラス別競技会 プロノービス、D級、C級


2年で、プロB級ラテン5位

​​1988年毎日杯争奪ダンス選手権大会
(この大会の成績のみ、

セミファイナル以上を公言出来る権威ある大会)


​​​プロラテンセミファイナル

このように

出る競技会すべて、入賞を決める破竹の勢いでした。

 

が、しかし

​​​その後、カップル解消や諸般の事情により

A級目前にして、

ダンスを離れることになりました。

​第三章:フィールドを変えても、

    出来ることを精一杯。

~経験は、広域に活かすことで、宝となる~

 


それより、会社員としてのミラクルが起こり

森下俊三(Wikipedia)氏を、

はじめとした幹部の秘書

(事業部制・子会社化に向けた激動期でありました)

経営企画・新規事業開発・など経験させて頂き

​​​プライベートでは

結婚、育児、退職、親の面倒などで15年以上過ごしました。​

他人であった人たちと一つ屋根の下で生活していたこともあり
​様々なことがありました。

 

第四章:まだ終わりでは無い。

    私だからこそ出来る道の幕開

~どうせなら、

人生を終える間際に後悔せずに済むようにやっておきたい。~

それらが、一段落したので

やり残していた感があるダンスをまた、やってみよう!と

アマチュア生徒としてリスタートしました。

ずっと、そんなスタンスで良いと思ってましたが

ダンスを離れている間に

ダンスに対する想いは、

当時とは違ったものになっていることに

気づきました。

自分自身も、世の中も変化を遂げているのに

ダンスの世界は、余り変わってない気がする。。

変化が余り無いということは、
私にとっては馴染みやすいように思われますが

それは全くの逆でした。


 

​ダンスの先生として、
一番輝かしい30歳代をダンス以外で過ごした私に

何が出来るのかわかりませんでしたが

40歳をもうすぐ迎えるような頃ではありましたが
​​​​​​インストラクターの資格を再取得し、

プロとしてそろそろダンス活動開始!

 

そう思っていた矢先に

不幸が続き
​​頂いたオファーをお断りするなど、

 

ダンスと不遇な期間を、また過ごし

 もうダンスとはご縁がないと半ば諦めかけていました。

 


 

​第五章:想い願い続け、

  やっとダンスの女神がほほ笑みだす。

~まずは、やってみる。それから創りだしてみよう~

ところが、思いがけず
​​​​​​2011年、道内では前人未到の元チャンピオンの

佐藤伴幸先生から、

 

佐藤伴幸ダンススクール所属のインストラクターにと、

お声掛け頂きました。



しかし、その頃より、

未だ原因不明の脳の運動野に問題を抱え

さらに、

家庭の事情などで、​​他のプロの皆さんより、

ダンスに関わる時間=練習量は

比べ物にならないほど格段に少ない状態でした。

それに加え

ダンス一本やりで北海道随一のクオリティの中で

生きて来ている先生たちとは、

考え方などの温度差もあり、

とても厳しいものになるだろうと不安も抱えていました。

 

でも、今を逃しては、

もう2度とこのようなチャンスには

恵まれないだろうと考え

​プロとしてのリスタートを決意しました。

(第5章/第6章/第7章 「物語るDigest Profile」はこちら

 

第六章:私だからこそ、出来ることがある。

     400分の1の存在になる!

~視点を変えることで、観える現実が変わり、未来も変わる~

当時の北海道プロダンスインストラクターは、

400名ほど名簿上にいらっしゃいました。

そこで、私は、

その400名ほどの誰もが、やってないことをしてみよう。

 

誰もしていないことが出来れば、

今までに無い風穴を開けることになる。

何故、そう考えたのかは

このままだと、社交ダンスの世界は

どんどんと縮小していくだろうという

危惧を抱く未来予想が私の中にあったからです。

第七章:スタンダードなやり方と、

   私独自のあり方の二足のわらじを履く

~同じダンスを、所属プロと個人事業に分けて展開。

  次世代に向けた「多様性」を先駆ける~

私が、大勢多勢とは違うあり方とやり方で

何か一つでも成せれば、

10年後のダンス界にとって、

ひとつの安心材料になるのでは?

それは

未だかつてだれも、挑戦したことが無いことで。

そうすることにより、

「牌を奪い合うことをせずとも、ダンスに関って行ける」

そう考えがまとまり、方向性も観えて来たので

コネや、ツテも、何もない中、

たった一人で暗中模索をして参りました。

単身で異業種交流を重ね

ダンス以外の学びで様々なことのカバーをし、

肉付けをしつつ

他の業種や、主婦だったことで

むしろ観えていることを活かす。
 

それを「あり方」とし

 

さらに学んで行けば

まだまだ、社交ダンスの魅力をお伝えしていく方法はある。

そのように考えたことの実践を始めました。

 

​トライ&エラーの繰り返しでしたが

◆踊らず、伝える「姿勢セミナー」

◆姿勢セミナーを通じて、

 さらに気づいた身体心理を具現化した「セラピー」

◆スポーツでは無く、

 「文化」「芸術」枠での社交ダンス一般公演

 (当時、文化芸術と捉えることも、生演奏も、一般向けの公演も無かった)

などで、

道産子魂でしょうか?

荒れ地を開拓しながら、明日を切り開いて参りました。

第八章:トラワレずな「あり方」で、

    可能性は無限大
~不自由を楽しむことで得られた、無限にひろがる自由~

 


業界内で従来よりの既存的なあり方である

教室インストラクターとしての活動は

2017年4月をもちまして、

卒業させて頂きました。

2足のわらじを脱ぎ

現在は完全フリーランス。

  ~インプレッションデザインワーク~

S.D.L 代表 として、

私のこれまでの生き方、あり方。

私そのものをお伝えしてます。

 

あり方を整えて行くことで

今までの経験して来たことが

活かされて来ます。

生きて来ます。

 

 

どんな時にでも、

楽しむ心があれば

道は開けて来る♪

 

 

視点を変えることで得られる、楽しさや喜び

逆転の発想で得られる、楽しさや喜び

小さなきっかけを掴むことで得られる、

楽しさ、喜び

 

​​

​それを、
お伝えしていくことが、今の私の生きがいです。

それが私の出来ること♪

 

「遊び心で充実の人生を」


心が躍る「舞活」「食彩活」「楽活」「企活」

​彩りある日々♪

是非みなさんも、

​遊び心を持って 充実した人生を歩んで参りましょう☆彡

 

公財)日本ボールルームダンス連盟 会員
  北海道プロダンスインストラクター協会 プロフェッショナルダンス教師

​一般財団法人江別市スポーツ振興財団認定登録インストラクター

インターナショナルボディトークアソシエーション ボディトークアクセステクニシャン

ALOMA LIFT®セラピスト

 
Powered by ©Miki Sugiyama/ Impression Design Works S.D.L