伝統を令和に繋ぐ 

平成から、令和へ 箸渡し


和が香る空間

豊平川のほとり、35号線沿いにあります 

法輪閣 様










窓を開けるとベランダが和のお庭のようになってました。こういうの嬉しいですよね!

ステキな空間^^



「大人の女性が遊び心を取り戻すお手伝い」

杉山美紀です。

★はじめての方はこちらからお読みくださいませ★

★プロフィールはこちらから★



さて、ここで何が始まるのでしょう?




日本の伝統工芸 若狭塗箸




漆の中に、

幾重にも貝がらや、卵殻が入ってまして

でこぼこを磨くように、

削って行くと

ステキな模様が浮かびあがって来ます。

日本人で良かった!

日本って素晴らしい☆彡

と、心の底から思いました。





お箸作りは 手元に宿る内なる神との対話。

力を抜く=我を鎮める。ことの大切さを感じました。


出来あがるお箸の表情は一期一会で 工程を追うごとにお箸の表情が変わり

そして 自然の持つ風合いと彩りが

手に馴染むこの感覚は この場で無ければ味わえません





プーさんから、

文化の香りがするステキなお話を交えながら 丁寧に仕上げていくお箸の世界。 とてもとても、良い時間が流れました^^












若狭塗の、手作りお箸の完成です




















お箸つくりの後は・・・







前もって、

おおよその料理は準備して起きましたので

ご参加の皆様と、一緒に

私からは、

〈和んプレート〉盛り付けのワークショップを

いたしましたょ












大根の桜型の飾り切りの、

デモンストレーション。




お料理、食材、器類を色々と

持参してきましたので

皆様に

大皿や、プレート

そして

小皿や、小鉢などをお選び頂き、

ワクワクワイワイと組み合わせ









お料理を

キレイに見える盛り付けのコツや

ちょっとした「刺し色の魔法」

手軽な「天盛り」で、

それっぽく~な見せ方の秘訣など

レクチャーいたしまして


丁度、お昼となりましたので

頂きまーす


出来あがり写真を撮り忘れた

盛り付けがあったのが、悔やまれます

春らしい一皿となりました。




ご参加の方から

と、美紀流〈アートフード〉のことを

「フェイスブックに出てる画像を


「凄いなぁ、私には無理、

出来ないって遠い目で見てましたが

やって見ると、楽しいです!出来そう~!

お披露目の機会を作ってやってみます!」

と、嬉しいご感想を頂きました



そして

用意しましたお料理についてのご質問も出て参りましたので

これまた、簡単料理ですので、

食事をしながら、

作り方をお伝えさせて頂きましたょ。



寄せ豆腐は、

配合とタイミングがありますので

後ほど、

ご参加の皆様にレシピをお送り致します


ちょっとの手間で、

グン!と、お皿の中を見栄え良く

それが、美紀流ですので

是非、次の機会にトライしてみませんか?



伝統工芸のお箸作りと、

盛り付けワークショップ

とても、楽しく、文化に触れ

心にモイスチャーなひとときでした。

若狭塗り お箸職人プーさん先生

ご参加の皆様

会場の法輪閣様 

皆様お世話になりました。






オトナ女子の食彩活:詳細はこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/artfoodmiki


お問い合わせ